一般媒介か?専任媒介か?

不動産を売るときには、通常不動産会社に媒介を依頼するところから始まりますが、その際に、最初にぶつかる選択肢がこれです。
基本的は違いは、≪一般媒介契約≫は依頼者が複数の不動産会社に同時に依頼できる。≪専任媒介契約≫では、一つの不動産会社に絞って依頼する。という部分です。
ここまで読むと、窓口が広がる一般媒介が有利なように見えますが、実はそうとも限りません。

媒介契約は、成功報酬で依頼する業務委託契約です。つまり、不動産会社としては売買契約が成立するまでは、調査などに要する費用が持ち出しとなる場合が多いのです。
一般媒介契約では、他社で成約になってしまう場合は、調査や広告にかける経費が無駄になってしまうこともあるため、不動産会社は消極的になる場合があります。
一方、一社のみが活動する専任媒介契約では成約すれば確実に費用の回収も行えるため、不動産会社は積極的に活動してくれる、という一面もあります。

どの不動産会社を選ぶか

不動産業者はすべて同じではありません。不動産業者の扱う分野は、賃貸、賃貸管理、一般住宅の売却、収益物件の売却、など様々な分野があり、各々の不動産業者はおのずと得意分野があるものです。
依頼する前に、その会社のホームページなどで、不動産の売却や売買物件の広告に力を入れている業者を見極めましょう。
また、担当者の力量も重要な要素です。
不動産の売買は個人の力量による部分が大きいとも言えます。
しっかりとした知識を持ち、安心して依頼できる担当者は、購入希望者に対しても、同様の態度で接してくれることでしょう。

重要なのは価格

どんなに優秀な不動産業者に依頼しても、不動産の売却が成立するかしないかの、最終的に最も重要な要素は価格です。
類似物件の価格情報を収集して、最終的に売却を決断できる金額をイメージしておきましょう。
売り出し価格は必ずしも市場価格と同じである必要はありませんが、購入希望者からの価格交渉には不動産業者と相談の上、真剣に対応しましょう。