媒介契約の種類

不動産の売却を不動産会社に依頼するときには、売主と不動産会社との間で売却の意思や売却の希望価格などを取り決める≪媒介契約≫を締結します。 この≪媒介契約≫には3種類の契約があります。

■一般媒介契約 ■専任媒介契約 ■専属専任媒介契約
■一般媒介契約 一般媒介契約では、売主が複数の不動産会社と同時に媒介契約を結ぶことができます。 ■専任媒介契約 専任媒介契約では、売主は一社のみと媒介契約を締結し、同時に複数の不動産会社と媒介契約を結ぶことはできません。
売主自身で発見した買主とは契約を結ぶことができます。 ■専属専任媒介契約 専属専任媒介契約では、売主は必ず、専属専任媒介契約を締結した不動産会社を通じて契約を結ばなければなりません。

通常、一般媒介契約か専任媒介契約が多く使われているようです。

一般媒介契約のメリットとデメリット

媒介の種類
売主
不動産業者
一般媒介契約 複数の不動産会社に合わせて媒介を依頼できることで、安心感を感じる人もいるようです。 不動産売社が成約に向けて努力しても、他社で成約した場合努力や経費が無駄になる場合もあるため、活動の積極さにかける場合も。
専任媒介契約 一社に絞って依頼するため、信頼できる会社を選ぶことが大切です。 営業努力や調査にかける経費の回収がしやすいため、安心して販売活動に打ち込める。

どの媒介契約がおすすめ?

媒介契約を依頼する場合は、それぞれの契約の違いを理解して依頼するようにしましょう。 特に、付き合いのある、または信頼できる業者がいない場合は、一般媒介で複数の会社に依頼するのもひとつの選択肢でしょう。

不動産会社は媒介契約を交わした後何をするの?

不動産会社は媒介契約を交わすと、物件の調査をし、売却のための広告活動を行います。
活動の内容については、各不動産業者の判断によります。
広告活動内容も、不動産業者によって違います。
活動内容について、不動産業者に聞いてみるのもいいでしょう。